平成30年度国土交通省 地域の空き家・空き地等の利活用等に関するモデル事業 愛知・岐阜・三重 空き家・実家でお困りの方のための相談センター

空き家・実家の管理・売却・活用 空き家・実家 相談センター

お気軽にお問い合わせください。
052-223-3120
受付時間:10:00~18:00【水曜休み】

空き家・実家情報ブログ

2018年08月31日category: 空き家問題
相続問題、空き家問題を漫才形式でお伝えする! 「相続漫才」第5弾をアップしました。

空き家実家相談センター アドバイザーの後藤です。

まるわかりブラザーズでお届けしている「相続漫才」の第5弾をアップしました。

今回のテーマは、相続人(兄弟姉妹)間で意見の合わない「空き家」の対策法についてです。

本当に良くあるケースですが、核家族でご両親だけが実家で暮らしていて、ご両親ともが他界され、空き家となった実家を今後どうするかについて、兄弟姉妹で意見が割れてしまうというものです。

長男は、「売却するべきだ!」
長女は、「想い出のある実家を手放すなんて嫌!」
といった感じです。
(でも、誰も住む予定は無いので、このままだと、ずっと空き家のまま、維持管理費用だけがかさみ、また、所有者責任も重くのしかかってくる場合もある。)

そういったときは、次の手として「賃貸に出そう!」という選択があります。

しかしながら、安易に「とりあえず賃貸に!」と、通常の賃貸物件として貸そうとすると、かえってリフォーム費用がかさんだり、思ったほど賃料収入が得られず初期投資分がマイナスになってしまったり、返して欲しいときに返ってこなかったりとデメリットやリスクもたくさんあります。

そこで、今回紹介しているのは、不動産会社が「一括借上げ」をして転貸する仕組みと、自宅の建替えをする人のための仮住まい用に短期間賃貸する方法です。

もちろん、どんな物件でも対応可能というわけではないので、立地や建物の状況毎に判定をする必要がありますが、最近は、いろいろなサービスがありますので、皆様にとってのベストチョイスを見つけていただきたいと思います。

ここで重要になるのは、やはり、どんな状況でも決して諦めず、一緒になって最適な選択肢を探してくれる、中立かつ総合・総括対応の相談窓口に相談することです。

皆様にとってのベストパートナーを見つけていただきたいと思います。

それでは、第6弾もお楽しみに!!

CFP 後藤 明


https://youtu.be/pR3GX9Y6X2Y

2018年08月03日category: 空き家問題
相続問題、空き家問題を漫才形式でお伝えする! 「相続漫才」第4弾をアップしました。

空き家実家相談センター プランナーの後藤です。

まるわかりブラザーズでお届けしている「相続漫才」の第4弾、もうご覧いただきましたでしょうか?

今回は、「売れない、貸せない」と思っておられる『空き家』の利活用法について、様々な選択肢や手法があることをご紹介させていただきました。

ご相談者からのご相談で良くあることが、「不動産屋さんに相談したんだけど、取り合ってくれない。」とか、「不動産屋さん数社にお願いしたけど、その後、なしのつぶてなんです。」という内容です。

空き家問題を大別すると、まずは、ご自宅(ご実家)などのいわゆる『持家空き家』。

もう一つは、賃貸用不動産(アパート等)の空室問題である『賃貸空き家』。

『持家空き家』は、更に2つに分かれ、「都市型空き家」と「郊外空き家」が問題となっています。

「都市型空き家」は、いろいろな事業者(住宅メーカーや不動産業者)から営業攻勢を受け、耳だこで、嫌気がさしている所有者さんのお話をよく聞きます。

前置きが長くなりましたが、上記の良くあるご相談は、「郊外空き家」で、不動産屋さんからすると、あまり仕事に結びつかない(簡単に売れない、簡単に貸せない)物件の事例です。

でも、決してあきらめないでいただきたいのです。

現在は、ありがたいことに、インターネットの進化を含め、情報を上手く活用できる時代です。

上手く探せば、上手くマッチングを図れば、いろんなニーズがあるものです。

大切なのは、物件の特性をよく理解し、根気よく、あきらめずにサポートしてくれるパートナーを見つけ、一緒になって(二人三脚で)ゴールを目指すことです。

ぜひ、信頼できるパートナーを見つけていただきたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=Z6JSyqCFH9g

2018年05月11日category: 空き家問題
相続問題、空き家問題を漫才形式でお伝えする! 「相続漫才」第2弾アップです。

空き家実家相談センター プランナーの後藤です。

相続問題、空き家問題漫才の第2弾をYouTubeにアップしました。

今回のテーマは「空き家問題」です。
空き家は、15年後の2033年には2,167万戸が空き家になると言われています。
その「空き家問題」のポイントなどをわかりやすく解説してみました。

https://youtu.be/pSSNeansW1M

空き家問題といっても大きく分けて3種類

 ①都市部空き家
 ②郊外部空き家
 ③賃貸の空き室

それぞれ、対処すべき問題点やその対策法などが違ってきます。

空き家は、そのまま放置せず、早いうちに対処をしていただくことを願います。

そして、何よりも「今は空き家じゃない。」と思われていらっしゃるけれども、いずれ空き家となってしまう『空き家予備軍』が本当に多いので、そういった方も「空き家」となってしまわないうち(出来るだけ早く)に対策を立てていただき、後悔の無いようにしていただきたいものです。

次回(第3弾)のテーマは、《財産はどう分けるの?》と題し、相続の法定相続分(割合)についての漫才です。

ぜひ次回も楽しみにしていてください!

CFP 後藤 明

2018年04月15日category: 空き家問題
相続・空き家問題をわかりやすく


空き家実家相談センターの荒木です。

今日の名古屋は、風が強く、春の嵐の様相です。


さて、今、空き家実家相談センターでは、

「難しく、分かりずらい、「相続」「空き家問題」を親しみやすく、わかりやすくお伝えする!」

を目標に、


相続、空き家問題をネタにした「漫才」を作成中です。

名付けて、『相続漫才』(笑)


「漫才」だからといって、内容はふざけたものではありませんよ。

相続、空き家問題のポイントを正確に、的確に、でも、少し面白く、お伝えしようという

試みです。


来週中には第1回が完成予定です。

このブログにもアップする予定ですので、こうご期待!(笑)


初の試みですので、長い目で見てくださいね・・・



荒木





2017年09月28日category: 空き家問題
国交省「地域の空き家・空き地等の利活用に関するモデル事業」の事業者に採択されました!


空き家・実家相談センターの荒木です。

皆様にお知らせです。

この度、当センターは、

平成29年度国交省「地域の空き家・空き地等の利活用モデル事業」の事業者に採択されました!

我々センターの活動内容や方針をご評価いただき、本当にうれしく思います。


これから益々、空き家、実家の相続でお困りの方々への取り組みを積極的に展開して参ります。

是非お気軽にご相談ください!









空き家でお悩みのみなさん、私たちにご相談ください。

弊社はリフォーム会社でもハウスメーカーでもありません
中立の立場ですべての選択肢を総合的に検討し、あなたの「最適」をご提案します。

私達は、お客様の「空き家」「実家」について、様々な選択肢を徹底的に比較検討し、 お客様にご理解・ご納得していただくための丁寧なご説明と、 中立的な立場で、お客様にとって「最適なプラン」をご提案致します。 ご提案後も、最後まで寄り添い実行をサポートさせていただきます。
  • お電話でのお問い合わせ
    052-223-3120 受付時間:10:00~18:00【水曜休み】
  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせフォーム
対応エリア
愛知県名古屋市(千種区、東区、北区、 西区、中村区、中区、昭和区、瑞穂区、 熱田区、中川区、港区、南区、守山区、 緑区、名東区、天白区) 愛西市、あま市、一宮市、 稲沢市、 犬山市、 岩倉市、 大府市、 尾張旭市、 春日井市、 北名古屋市、 清須市、 江南市、 小牧市、 瀬戸市、 知多市、 津島市、 東海市、 常滑市、 豊明市、 長久手市、 日進市、 半田市、 弥富市 安城市、岡崎市、刈谷市、高浜市、 知立市、豊田市、西尾市、碧南市、 みよし市、愛知郡、海部郡、西春日井郡、 丹羽群、知多郡、額田群、北設楽郡
平成30年度国土交通省 地域の空き家・空き地等の利活用等に関するモデル事業
愛知・岐阜・三重 空き家・実家でお困りの方のための相談センター
空き家・実家の管理・売却・活用 空き家・実家 相談センター
【運営会社】
タイセイR.E株式会社 本社
〒236-0016 神奈川県横浜市金沢区谷津町113-6
名古屋支社
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1丁目14番8号 栄KTビル 7階
TEL:045-342-6560 FAX:045-782-4062
代表者 稲葉 泰成
Copyright (C) TAISEI R.E All Right Reserved.

pageup